トップ電話

メイン画像

園について

明るく 強く 正しい子ども」の育成

「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」「宗教」の6領域にわたって、子どもの年齢や個性、その他意欲や心情を考慮しながら本園独自の総合的な指導を実施しています。

健康

健康な心と体を育て、自ら健康で安全な生活を作り出す力を養います。

人間関係

他の人々と親しみ、支え合って生活していくために必要な自立心を育て、人とかかわる力を養います。

環境

周囲の様々な環境に好奇心や探求心をもってかかわり、それらを生活に取り入れていこうとする力を養います

言葉

経験したことや考えたことなどを自分なりの言葉で表現し、相手の話す言葉を聞こうとする意欲や態度を育て、
言葉に対する感覚や言葉で表現する力を養います。

表現

感じたことや考えたことを自分なりに表現する力を養い、創造性を豊かにします 。

宗教

手をあわせる生活を通し、敬いと感謝のこころを育み、豊かで慈しみのある心を養います 。

人間形成の面から幼児期がいかに大切であるかはご存知のことと思います。
この時期の幼児の発達は著しく、意欲、創造力、環境と関わる力など将来にわたる発達の基礎を形成してゆきますが、より豊かな発達を望むためには生活の中の自然な流れに即した、子どもたちが自由にのびのびと、そして楽しく活動できる環境を提供してあげることがとても大切なのです。
本園では何といっても遊びが第一と考えています。先生や友達と交わって遊ぶ中での直接体験(実体験)こそが子どもたちの心身や諸々の能力を培なっていく原動力になるからです。私たちは少人数の幼稚園でなければできない、できる限り一人ひとりに手の行き届く保育と家庭的な暖かい保育を心がけています。

沿革

昭和29年10月に私立江別大谷幼稚園として北海道知事の認可を受け、江別で初めての仏教精神を基盤とした幼児教育施設として開園しました。その願いとするものは、手を合わせる生活の中で自然といのちに対し敬いのこころと感謝のこころを育もうとするもので、現在もこの願いは変わることはありません。

その後、昭和56年4月に学校法人江別大谷学園(3学級85名定員)の法人認可を取得、平成2年新園舎の完成を機に少人数制の保育を目的として5学級85名、平成27年には100名の定員の認可を受け、現在に至っています。

アクセスマップ

〒067-0016 北海道江別市6条5丁目1番地

TEL.011-385-2323

FAX.011-398-3130

Googleマップ

googlemap
あずかり保育 1日のすごし方 年間行事 ひよっこクラブ
Copyright c 2012 江別大谷幼稚園 all rights reserved.